ANA ボーイング787のペーパークラフトを作りました

ANA ボーイング787のペーパークラフト ペーパークラフト
ANA ボーイング787のペーパークラフト
この記事は約3分で読めます。

ANA ボーイング787

アメリカ・ボーイング社が開発・製造した中型ジェット旅客機です。
「ドリームライナー」というカッコいい愛称もついています。

今回制作したペーパークラフトは「787-8」という機種で、787型機の基本形となっており、最初に開発された機体です。

…全部Wikipediaで調べました(笑)。
航空機は全然詳しくないです。
ただ、父が航空マニアだったこともあり、小さい頃から航空機には馴染みがありました。
「ドリームライナー」も父の口からよく聞いていました。

制作

展開図印刷

今回使用した展開図は、ANAが公開しているものを使用しました。

作ってトライ!紙飛行機 ボーイング787を作ろう! | ご旅行の準備 [国内線] | ANA
【ANA公式サイト】作ってトライ!紙飛行機 ボーイング787を作ろう!。国内線でのご旅行の準備に関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

「特別塗装機」と「通常塗装機」がありましたが、今回は通常塗装機の方を作ります。
馴染みのあるANAのカラーリングの方で。

この展開図はどうやらA3サイズのようなので、A42枚に分割して印刷しました。
さすがにA4サイズに縮小印刷してしまうと、細かすぎて難易度が非常に高くなってしまうでしょう。

胴体

円錐や円柱、円錐柱のような形状のパーツを組み合わせて作ります。
これだけでジェット機らしくなりますね。
作ってる最中からワクワクします。

主翼

航空機といえばやっぱりこれです。
厚紙2枚貼り合わせて翼作るんだろうなー、と思いきや、主翼は立体的な構造でした。
組立説明書曰く、主翼は「上面が少しふくらむイメージで」組み立てるそうです。

尾翼

航空会社のロゴがどーんと入る尾翼。
尾翼の2色のブルーが胴体まで一続きになっているのがANAの良いところですね。

エンジン

航空機の心臓部分。
組み立ててみると思ったよりリアルに出来て良かったです。

各パーツを組み立てて完成

想像以上にリアルに出来ました。
組み立ての難易度の割には再現度が高いです。

また、このペーパークラフトの良いところは、台座を外して車輪に変えられるところです。
つまり、飛行中バージョンと地上バージョンを自由に切り替えられるのです。

感想

今回はペーパークラフトとしての完成度の高さに大満足でした。
自分の技術ではなく、展開図が素晴らしいと感じました。
展開図を設計してくださった方、ありがとうございます!

ちなみに、JALのボーイング787のペーパークラフトもあるようです。
これも作って並べるのも良いですね。

※今回はこちらの用紙を使用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました